経尿道切除術(TURP)

時に、腫瘍は尿道(膀胱と外界をつなぐ管)を圧迫し、排尿を妨げます。手術は症状緩和のために実施することが可能です(TURP)。器具は陰茎から挿入され、尿道の内側からの前立腺組織を切除します。これは、全身麻酔、または硬膜外麻酔(麻酔剤を脊柱内に直接注射)で行うことができます。この形式の手術は、癌組織の摘除を意図するものではなく、尿の残留や流れが遅いという症状を軽減するための手術です。

癌にかかっていない人もまた、尿の問題を取り除くためにTURP手術を受けますが、時々混乱が生じます。例えば、この手術を受けたある男性は、癌を根治するために手術を受けたと誤解し、これがそうではないと分かった時、明らかに動揺を示しました。
通常、皆はTURP手術の後に症状ははるかによくなった言い、彼らの経験に関してポジティブに語っていました。しかし、ある男性(この人は数年はなれて同じ病院で2回の経尿道切除術を受けた)は、食べ物、衛生状態、清潔さ、介護に関する限り、病棟の状況は悪化していたと苦情を述べていました。

より詳細な情報はCancerhelp UKのサイトを参照されたい