インタビュー内容テキスト

今現在ある症状なんですけれども、えーと、まず、その、注意を分散することが難しいことが多いです。で、それも波がありまして、比較的するっとできるときもあるんですけれども、あのー、できないときが多い。で、例えば、料理をしているときに、あのー、二つの、コンロを二つ使うと、……あのー、なぜか、一方のことは、何か頭から抜け落ちてしまう……ということがありまして。なので、あのー、…ま、二つのコンロを使うときは、必ず、あのー、今は、タイマーをつけて、タイマーで常に、こう、意識を向けるようにしています。で、その、別にタイマーなんかなくても、何か自然にでき、別に問題なくできるときもあるんですが、何か、あのー、完全に、こう、頭から抜け落ちるときがあります。
で、…、運転も……例えば、あの、交差点なんかで、あっちこっちに、…あの、注意を払わなくちゃいけないですね、信号とか歩行者とか自転車とか向こうから来る車とかって。そういう状況で、ま、問題ないときもあるんですけれども、…ちょっと頭が混乱する、何か…ほんとに何か、こう、あの、……くらくらっとするっていうか、そうなるときがあります。
…なので、自分ですごく意識して、あの、…気をつけて…います。で、なるべく、もう車は乗らないようにしていますけれども、特に、そういう混雑したところとか、知らないところとか、遠いところは、もう、あと夜は絶対に乗らないようにしています。ただ、近所の、…買い物とか重い物とか負うのはちょっとつらいので、…あと、夏のすごく暑いときとか、冬の寒いときも、ちょっと体温の調節がうまくいかないので、…近所の買い物ぐらいは行きますけれども。車はなるべく運転しないように…しています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言