※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2014年11月)

夫と子供2人の4人家族。2003年頃、不眠で精神科を受診しうつ病と診断され、約6年間抗うつ薬を服薬した。2012年に自律神経症状や幻視から心筋シンチグラフィ等の検査を受けたが診断はつかず、8カ月後、体調が悪化し再診を受け、レビー小体型認知症と診断され抗認知症薬による治療が始まる。現在は多くの症状が改善している。

で、あのー、わたしは、もう、そこに行った時点で、まあ、9割以上、自分はレビーだと思っていたんですけれども、でも、1…1割は、もしかしたら…何か違う、例えば、脳腫瘍があって、手術してそれを取れば治るかもしれないとか、そういう何かちょっとかすかな希望は持っていたんですけれども、「違う」と言われまして。で、あのー、「では、ほかに、幻視が見える、どういう病気があるんですか」って聞きましたら、「ある種の精神疾患」って言われて、で、「統合失調症ですか」「そうです」って。「わたしが統合失調症である可能性は、どのくらいありますか」って聞いたら、「ほとんどない」って言われまして……。

で、自分でももうその病院に行くまで、かなりレビーのこと調べていたんですけれども、あのー、ま、若年性レビーに関しては、ほかもそうですけれど、ろくな情報はないですね、まあ、どんどん進行して、衰弱して10年以内には死にますとか、そういうものしかなかったので、あのー……いや、このまま死なないぞっていうにも思いました。

で、えー、それから8カ月間、ま、あのー、「3カ月ごとに、あのー、経過をみたいので来てください」って言われたんですが、8カ月間行きませんでした……。ま、行っても何も変わらないと思いましたし、幻視も、それからずっと見えなかったんですね……。 で、あのー、で、8カ月して、また、もう、ちょっと普通に生活できないぐらい体調が悪くなりまして、もう、これは、もう、何とかしてもらわなくちゃいけないと思って、もう1回その先生のところに行ったんですね。そしたら、「ま、症状から、レビーなんでしょう」ということを言われまして。「じゃ、アリセプトを処方します」って言われました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧