※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2014年11月)

夫と子供2人の4人家族。2003年頃、不眠で精神科を受診しうつ病と診断され、約6年間抗うつ薬を服薬した。2012年に自律神経症状や幻視から心筋シンチグラフィ等の検査を受けたが診断はつかず、8カ月後、体調が悪化し再診を受け、レビー小体型認知症と診断され抗認知症薬による治療が始まる。現在は多くの症状が改善している。

えー、認知症と診断されることは、あのー、本人にも、あのー、とてつもなく大きな衝撃なんですけれども、それは、ほんとに、あのー、もう、がんであと余命半年ですとか…言われるのと同じぐらいの、…あるいはもっと大きな衝撃かもしれないんですけれども、でも、その衝撃は本人だけでなくて、その配偶者も…同じだと思うんですね。配偶者もやっぱり、もう、…もう、どうしていいか分からない絶望感とか不安とかを同時に抱え込むと思うんですね。…で、あのー、それは、分かっていますので、だから、そのー、わたしも夫に対して、…あのー、それ以上心配をかけたくないっていう…気持ちが常にあって、なので、わたしは、あのー、夫に対して、ま、もともと…わたしが、その、…苦しいとかつらいとか悩みとか…あまり誰にも言わない、自分で解決してしまう人間なんですけれども、夫に対しても、わたしは苦しいとか、あのー、こんな、こんな症状があってとかっていうことは、ほとんど言わなかったです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧