インタビュー内容テキスト

えー、認知症と診断されることは、あのー、本人にも、あのー、とてつもなく大きな衝撃なんですけれども、それは、ほんとに、あのー、もう、がんであと余命半年ですとか…言われるのと同じぐらいの、…あるいはもっと大きな衝撃かもしれないんですけれども、でも、その衝撃は本人だけでなくて、その配偶者も…同じだと思うんですね。配偶者もやっぱり、もう、…もう、どうしていいか分からない絶望感とか不安とかを同時に抱え込むと思うんですね。…で、あのー、それは、分かっていますので、だから、そのー、わたしも夫に対して、…あのー、それ以上心配をかけたくないっていう…気持ちが常にあって、なので、わたしは、あのー、夫に対して、ま、もともと…わたしが、その、…苦しいとかつらいとか悩みとか…あまり誰にも言わない、自分で解決してしまう人間なんですけれども、夫に対しても、わたしは苦しいとか、あのー、こんな、こんな症状があってとかっていうことは、ほとんど言わなかったです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言