※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2014年11月)

夫と子供2人の4人家族。2003年頃、不眠で精神科を受診しうつ病と診断され、約6年間抗うつ薬を服薬した。2012年に自律神経症状や幻視から心筋シンチグラフィ等の検査を受けたが診断はつかず、8カ月後、体調が悪化し再診を受け、レビー小体型認知症と診断され抗認知症薬による治療が始まる。現在は多くの症状が改善している。

幻視も初めは怖かったです、ほんとに。あのー、幻視が怖いっていうのは、その、…そんな、幻視が見える自分が怖い、そん……あのー、そんなに自分が異常な人間になってしまったのかっていう……ように思いましたし。あと、そのー、例えば、ま、虫…毎日見えていたんですけども、で、ある、ある人が、「別に虫が見えていても怖くないじゃない」って言ったんですね。で、それ、虫は怖くないんですけれども、…今、虫が見えるということは、じゃ、あしたは人が見えるかもしれない。……それが毎日になるかもしれない。どんどんひどくなるかもしれない。そう思うと、こう、虫1匹でも、ほんとに、あのー、怖くて……怯えているときがあって、もう、ほんとに怖くてたまらないっていうときがありましたね。あのー、やっぱり、その、いつ出るか分からないっていうのは、…怖い…ですね。何かこの扉を開けたら立っているんじゃないかとか思うと、もうどきどきしちゃいますよね。…でも、…見えなくなったので、あのー、今は平気ですけれども、……はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧