※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー本人11

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2014年11月)
夫と子供2人の4人家族。2003年頃、不眠で精神科を受診しうつ病と診断され、約6年間抗うつ薬を服薬した。2012年に自律神経症状や幻視から心筋シンチグラフィ等の検査を受けたが診断はつかず、8カ月後、体調が悪化し再診を受け、レビー小体型認知症と診断され抗認知症薬による治療が始まる。現在は多くの症状が改善している。

詳しいプロフィールを見る

で、あのー……いろんなことをしました。わたしも、その、何とかこの症状をしなくちゃと思って、いろいろ、例えば、漢方の専門の病院に行ったり、それはすごく効果がありました。なかなか、その、自分に合う漢方薬に行きあたるまでが大変。もう、こう、これも駄目、これも駄目、これも駄目って次々とやって。でも、あのー、……ま、もちろん、その認知症っていうか、根本治療にはならないんですけれども。例えば、わたし、あの、…冷えがすごくひどくて。で、夏でも寒い、真夏でも寒くて、汗も出なくてっていう、あれが大変だった。夏は大変だったんですけれども。その漢方薬でそれがすごく改善されて、汗も出るようになったり、あのー、とても楽になりました。
で、あの、…あと、お灸とか、あの、ま、鍼灸ですね。それも、ま、お金があれば、そういうところに行ってやってもらうんですけども、あの、自分で一生懸命、このプロが読むような…本で調べて、で、そこに自分でお灸をするとか…いうことをしまして、それも、すごく効果があるっていうことが分かりました。その、体も楽になりますし、あの、例えば、その意識障害をおこして、ちょっと朦朧(もうろう)としてきたときも、あのー、…ま、そのツボの刺激で……治ったりするんですね。それも自分で分かりましたし。あと運動なんかもすごく…効果があります。あの、軽い運動ですけれども、運動もすごく体調がよくなりますし。
それから、わたし、……診断されたときに、「わたしの…病気の進行を遅らせるために、何を、何ができますか」って聞いたときに、……「ないんですよ」って言われたんですよね。「進行を遅らせるものがない」って言われたんですね。で、まあ、ただ、「今まで通りの生活をしてください」って。「今まで通りの生活をしてください」って言われても、もう、仕事もできませんし、それは、ちょっと無理なんですよね。でも、そのー……あ、違うんだなって。
進行を遅らせるもの、症状をよくするものはいくらでもある。何か、こう、「ああ、気持ちがいい」とか、「ああ、楽しい」とか、あの、すばらしい絵を見て、こう感動するとか、「ああ、すばらしい」って、美しい景色を見たり花を見たりして感動したりすると、…体調がよくなるんですね。……あの、何か脳にそういう物質が出ているんだと思うんですけれども、なので、…いくらでも、何とでもできるんだっていうことを、…あの、…自分でよく分かりましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11179 (17) { ["term_id"]=> int(18) ["name"]=> string(72) "認知症の非薬物療法(本人や家族によるものを含む)" ["slug"]=> string(6) "hiyaku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(18) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(15) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(18) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(72) "認知症の非薬物療法(本人や家族によるものを含む)" ["category_nicename"]=> string(6) "hiyaku" ["category_parent"]=> int(15) } }
同じテーマの語りを見る