※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー本人11

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2014年11月)
夫と子供2人の4人家族。2003年頃、不眠で精神科を受診しうつ病と診断され、約6年間抗うつ薬を服薬した。2012年に自律神経症状や幻視から心筋シンチグラフィ等の検査を受けたが診断はつかず、8カ月後、体調が悪化し再診を受け、レビー小体型認知症と診断され抗認知症薬による治療が始まる。現在は多くの症状が改善している。

詳しいプロフィールを見る

ただ、そのー、…まあ、最初に(リバスタッチパッチを)貼ったときは、…ま、高齢者は背中に貼るの(を)、わたしはこの辺(胸のあたり)に貼るんですけれども、…最初に貼ったときは、…何か、認知症っていう、何か、焼印を押されたような…感じがしまして。……何か、誰にも見られたくないなっていう…あのー、別に、わたしは、認知症に対して何の偏見も持っていないと、自分では思っていたんですけれども、……やはり、認知症っていう、その認知症っていう言葉は、……非常に重たいですね。…あのー、ま、結局、その誤解されているからなんですけれども。……その言葉、…うーん……何て言うんですかね、もうあなたは終わりですみたいな、そういう………あのー、感じがすごく…ありましたね。

ま、自分は認知症なんだと思ったときに、あのー、どんどん、進行するしかないんだって。どんどんどんどん何もできなくなっていくんだ。……で、…わけが分からなくなって、家族を苦しめるんだ。…そして寝たきりになって死ぬんだ…っていう、……それを、……乗り越えるという、受け入れる、受け入れるとも違う。……うーん…ま、何と説明したらいいか分からないんですけれども。ま、だから、そのー、薬は効いて体調はよくなったんですけれども、……まず、…あのー、誰にも話せないと思いましたね。…話せない。「わたしは、認知症です、わたしは幻視を見ます」って言って。誰がそれを理解してくれるだろう。…誰も、「わたしは幻視が見えます」って言って、……誰が…わたしを普通の人間って思ってくれるだろうっていうことは、すごく思いました。

………で、何ですかね、まあ、言えないと思っている。しばらくそうだったんですけれども、そのときというのは、そのー………とてつもなく…孤独でした。あのー……何か、こう、自分で、……渓谷に、何か平均台のような細い……、台というか橋というかがあって、すごく深い渓谷に、…そこを1人で歩いているような、そういう感じがしました。…で、しっかりしなくちゃいけないってずっと思っていたんですね。ちょっと気を、気をしっかり持って、…自分さえしっかりすれば、何とかなる。歩いて行ける。大丈夫…って、こう自分に何度も言い聞かせるんですけれども、でも怖い(笑)ものすごく怖いんですね。で、…もう足がすくんで前に出ない。あのー、怖い……でもしっかりして、……進まなきゃいけない。何かそういう感じがしていました……。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11179 (17) { ["term_id"]=> int(35) ["name"]=> string(54) "診断されたときの気持ち(認知症本人)" ["slug"]=> string(7) "shindan" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(35) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(25) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(35) ["category_count"]=> int(25) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(54) "診断されたときの気持ち(認知症本人)" ["category_nicename"]=> string(7) "shindan" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る