※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー本人11

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2014年11月)
夫と子供2人の4人家族。2003年頃、不眠で精神科を受診しうつ病と診断され、約6年間抗うつ薬を服薬した。2012年に自律神経症状や幻視から心筋シンチグラフィ等の検査を受けたが診断はつかず、8カ月後、体調が悪化し再診を受け、レビー小体型認知症と診断され抗認知症薬による治療が始まる。現在は多くの症状が改善している。

詳しいプロフィールを見る

要するに意識障害というのも、あの、一時的に脳の血流が悪くなっている状態なんだなって自分では思っているんですけれども。で、そういうことが、自分で確認できるので、あの、自分でいろんなことをやった。これは、効くなとか、これは効かないなあとかって。そういうの、いろいろあります。それ、面白くて、……しばらく前に、「ためしてガッテン」で、あの、けん玉が脳の血流を良くするってやっていたんですね。で、わたし、もう次の日買いまして(笑)で、やったんです。効きました(笑)。笑っちゃいましたけれども。
いや、何か…意識障害をおこして、あ、駄目、気分悪いと思ったときに、あの、ま、それも、一応、それって段階があって、ちょっと微熱のような段階とか、38度ぐらいの段階とか、40度ぐらいの段階だと、もう動けないのでもうそのまま寝ちゃうんですけれども。その、何か、ちょっと、37、38度ぐらいの、ちょっと、ああしんどいってぐらいの段階のときに、その、けん玉をやってみたら…治ったんですね。で、あ(笑)脳の血流よくなったんだ(笑)。だから、その、…ねえ、何か、すごい装置を頭に付けなくても、自分で分かるっていいなって(笑)思いましたけれども。

そうですね、ですから、ま、いろんな…不便はあるんですけれども、あの、そういうふうに自分でいろいろ…試して、……で、それも何ていうのかな、あの、……こう、……きちきちに考えてやると、あれなんですけども、楽しんで、何か、面白がって、何か小学生が理科の実験しているような感覚で面白がってやっていますね。はい、そういう、やるのも楽しいし、あの、で、効けば「やったぁ!」っていう感じで(笑)、多分、「やった!」と思うと、また、脳からドーパミンがでるんでしょうし(笑)。
はい、そんなふうにしていますので、はい。で、あのー、……そういうふうに、よくなると、こう、好循環…になるんですね。こう、たい、全て好循環、あ、やったっていうのは、こう、…調子がよくなる。調子がよくなると、こう、体の調子もよくなるので、こう、より気楽に外出もできますし、あのー、そうすると、もう気持ちも明るくなるしっていうことで。で、あのー、脳も何かちゃんとフル回転している感じがするんですね。で、どんどんよくなるんですけれども。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11179 (17) { ["term_id"]=> int(18) ["name"]=> string(72) "認知症の非薬物療法(本人や家族によるものを含む)" ["slug"]=> string(6) "hiyaku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(18) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(15) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(18) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(72) "認知症の非薬物療法(本人や家族によるものを含む)" ["category_nicename"]=> string(6) "hiyaku" ["category_parent"]=> int(15) } }
同じテーマの語りを見る