※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー本人11

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2014年11月)
夫と子供2人の4人家族。2003年頃、不眠で精神科を受診しうつ病と診断され、約6年間抗うつ薬を服薬した。2012年に自律神経症状や幻視から心筋シンチグラフィ等の検査を受けたが診断はつかず、8カ月後、体調が悪化し再診を受け、レビー小体型認知症と診断され抗認知症薬による治療が始まる。現在は多くの症状が改善している。

詳しいプロフィールを見る

あのー、子どもに話すまでには、あのー、結構時間がかかりまして、…ね、やはり、その……絶望とセットで伝えるわけにはいかない。…あのー、希望とセットでないと、伝えることはできないと思ったんですね。で、自分は、ま、医師から、何か絶望とセットで与えられたんですけれども、あのー、……なので、自分でも、あのー、その間すごく調べました。あのー、すごく勉強もしましたし、いろんな論文も読みましたし、調べて。
で、調べていくうちに、あのー、必ずしも、そんな急激に進行して、…駄目になるわけではない。例えば、その、認知症が出ない方がいる。…レビー小体型認知症という名前がついているのに、…全然認知症にならない方、ま、認知症っていうのは、その認知機能が低下して、自立できない状態ですよね。そうはならない方がいらっしゃるっていうことが分かって、それは、すごく、あのー、希望になりました。……で、…あのー、で、進行も、個人個人でかなり違う、急激に悪くなる方もいるけれども、10年進行しない方もいるっていうことも…分かりまして、で、……よし、大丈夫だ(笑)あのー、…これなら、子どもに言えると思いまして、…で、子どもに言いました。ま、もう成人していますけれども。で、あのー、まあ、わたしはこういう病気だけれども、…大丈夫だからと…いうことを伝えました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11179 (17) { ["term_id"]=> int(38) ["name"]=> string(36) "認知症本人の家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(38) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(38) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "認知症本人の家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る