※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2014年11月)

夫と子供2人の4人家族。2003年頃、不眠で精神科を受診しうつ病と診断され、約6年間抗うつ薬を服薬した。2012年に自律神経症状や幻視から心筋シンチグラフィ等の検査を受けたが診断はつかず、8カ月後、体調が悪化し再診を受け、レビー小体型認知症と診断され抗認知症薬による治療が始まる。現在は多くの症状が改善している。

私も、…この病気を診断されたときには、あの、何の希望もなくなったと思いましたけれども。あのー、それから1年数カ月ですけれども、わたしの症状はかなり改善していますし。ですから、この、…この病気は、あのー、右肩下がりにどんどんどんどん悪くなっていく、どんどんどんどんいろんなことができなくなっていくという病気ではないんですね。適切な治療、…慎重な…薬の副作用が出ないように慎重に慎重に、あのー、…医療を受ける。あと、適切なケア、ストレスがかからないような、そして、こう、あのー、自分の健康を管理、あのー、……健康であるように気をつけて、食、食にしても運動にしても、いろんなこと、生活に気をつけて、そして、あのー、……楽しく明るく笑って生活していれば、すごくよくなりますから、あのー、ほんとに改善する、薬よりも改善しますから、だから、あのー、希望を持って、絶対にそんな絶望的な病気ではありませんから、あのー、…希望を持って大丈夫ですから、あのー、……ねえ、この病気と一緒に…うまく付き合いながら、あのー、慢性病みたいなもの、糖尿病とか…そういうのと同じですから、そう思って、あのー、生活していっていただきたいと思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧