インタビュー内容テキスト

まず、あの、今までどおり…接してほしいですね。それが一番。同情してほしくないんですね。…あの、かわいそうな人って思われたくない。特別な人とかも思われたくない。今まで通りの、対等っていうか、人間対人間として、普通の人間として接してもらえたら、それで一番いいと思うんですね。
ただ、その、まあ突然、体調が悪くなるとか、そういう……何ていうのかな、…そういう症状があるので、それを理解してもらえたら、もっと、楽ですよね。例えば、まあ、約束しても、その日になったら、ちょっと具合が悪くて行けないかもしれない。で、それ、隠して…行って、あの、わたし何度も何度もキャンセルしてきたんですけども、…そうすると、やっぱり、あきれられるじゃないですか。ま、親しい友達はあれですけれども。こう、例えば、知人とかが、「こういうイベントがあって来て」って言われて、「行く行く」って言っていたのに、何かそのときになったら、何かすごい具合が悪くて、「ちょっとごめんなさい、行けない」って言うと、…「何か、あなた、いつも来ないね」みたいに言われたことがあって、あの、すごく、すごく……まあ、わたし、自分がやっていることなんですけれども、…あの、ぐさっときたんですけども。
だから、そういう体調が不安定で、まあ、キャンセル、ドタキャンすることもあるとか。あの…、ま、一緒にランチで楽しく話していても、…ちょっとしんどくなったら先に帰るとか。そういう、体調のことは分かっていてもらえれば、こちらも安心して、約束もできるし、…気がねなく行ける。そういうこと全く知らない人だと、ちょっと約束もできないですし、行くこともできないですし。だから、まあ、そういうの分かっていてほしいですけどね。あの、もう、特別扱いはしてほしくないですね。あの、……うーん、だから、その体調が悪いって言っても、「じゃ、もう誘わないようにしよう」とか、あのー、「こういう会があるけど、…あ、まあ、声かけるのやめとこう」とか、それは、やめてほしいんですよね。今までどおり、でも、…その、あの、……チョイスは与えてほしい。来る来ない、途中で帰る、そういうチョイスがあって、今までどおりに…してくれたら、…遠慮せずに、その罪悪感を感じずに、…その、キャンセルをするとか、途中で帰るとかって、すごい罪悪感を感じるんですよね。すごいつらいんですよね。だから、そういう罪悪感を感じずにつきあえるといいなと思いますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言