※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2014年11月)

夫と子供2人の4人家族。2003年頃、不眠で精神科を受診しうつ病と診断され、約6年間抗うつ薬を服薬した。2012年に自律神経症状や幻視から心筋シンチグラフィ等の検査を受けたが診断はつかず、8カ月後、体調が悪化し再診を受け、レビー小体型認知症と診断され抗認知症薬による治療が始まる。現在は多くの症状が改善している。

――あの、介護サービスとか、何か公的なサービスみたいなことを受けてらっしゃる?

あの、サービスは受けていません。はい。ただ、その、同じ病気の方から、会ったときに、……障害者手帳とか、医療支援、自立医療支援とか、あの、障害者年金の話を聞いて。で、その方は、もう、その、診断と同時に「こういうものがありますから、取ってください」って、「申請してください」って、何か病院から言われて申請したと。で、「あなたも申請しなさいよ」っていうふうに言われて。それまで、あの、あることは知っていましたけれども、その、申請するって、全然考えてもいなかったんですけれども。
で、言われて…申請しました。で、確かに、その、自分が働けなくなって、で、なおかつ、結構な薬代がかかったので、これが一生続くのかと思ったら、かなり気が重くなっていたんですけれども、あのー、その自立支援医療だと、ま、…だいぶ、楽になるんですね。それが、ほんとに、あの、……気が楽になったというか、あの、お金の心配はあまり心配…しなくていいっていうのは、…とても助かりましたね。
で、…あと、年金。ま、障害者年金で、彼女も、あのー、「障害者年金?」って言ったら、彼女が、「いや、わたしは働いているときでも、とったよ」って言って。で、その「ソーシャルワーカーから、あなたは病気で働けなくなったんだから、当然もらう権利がある。だから、もう、堂々と胸を張って申請しなさいって言われて、で、わたし、障害者年金もらっているよ」って言われたんですね。で、まあ、ちょっと抵抗はあったんですけども、でも、わたしも、じゃ、同じ病気の人がいたら勧めたい。…あのー、うん、「申請したほうがいいよ」って。で、「わたしは、申請しなかったけど」っていうのも、何か説得力がないので、何か、何かそのためにも、「じゃあ」って思って、申請したんですね。
で、結局、あのー、却下されたんですね。ま、理由は分からないですけれども、却下されて。で、…あのー、…でも、……それは、ちょっとほっとしましたね、却下されて。うん。ていうのは、ま、働けないのは働けないんです。その、そういう体調ではない。もう、働くことは無理です。……でも、…でも、何ていうのかな、…ねえ、そんな……お金をいただくのもおこがましいという気持ちもあるので、ま、却下されたときは、「あ、よかった」って、…思いました。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧