インタビュー内容テキスト

診断直後ですね、…診断されたときに、あの、ただ、病名を告げられて、で、まあ、わたしもそうですけれども、皆さん、もう、何かもう奈落の底に突き落とされたような状態で帰宅するわけです。で、…そこにサポートが何もない、相談するところもない、あのー、ま、どっか探せばあるかもしれませんけれども、あのー、……そこにサポートはぜひ必要だと思います、…はい。
本当に、…絶望しかないですから、何の希望もないですから、あのー、そこに精神的なサポート…っていうか、あのー、診断、診断された直後に、わたしは、その病院に、先生が診断した直後に、ソーシャルワーカーでも看護師でも誰でもいいですから、ちょっと別室に行って、で、あのー、「大丈夫ですよ」って、あのー、「ま、病気ではあるけれども、…元気に暮らしてらっしゃる方たくさんいらっしゃいますよ」とか、ひとことでもいいので、そう伝える…人間が絶対に必要だと思いますね。……絶対に、その、「はい、認知症です、さようなら帰ってください」っていうのは、もう、その、その帰り道に…自殺しちゃったっておかしくないような…ことですので。それは、本当に真剣に考えて病院も、あのー、……何か…そういう対応、そんなに難しいことじゃないと思うんですね。ひとことでいいので、…例えば、…何かパンフレットを作って、…それを渡すでもいいですし、何か希望を、どんな小さなものでもいいから、希望と一緒に、診断しないと、あのー、あまりにもひどいと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言