※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2014年11月)

夫と子供2人の4人家族。2003年頃、不眠で精神科を受診しうつ病と診断され、約6年間抗うつ薬を服薬した。2012年に自律神経症状や幻視から心筋シンチグラフィ等の検査を受けたが診断はつかず、8カ月後、体調が悪化し再診を受け、レビー小体型認知症と診断され抗認知症薬による治療が始まる。現在は多くの症状が改善している。

で、ま、もちろん、あのー、伝える前は不安ではあったんですけれども、…あのー、…そうしましたら、子どもが、まあ、……「別に歩けなくなったって、……別に歩けなくなったって車いすに乗ればいいじゃないか」って「大丈夫だ」って(笑)子どものほうが言いまして。…そういえばすごく、ほんとに、あのー、…ああ、…あ、そうかって、…わたしがこんなに苦しんでいたのは、あのー、失うことを恐れていた。
その、……認知症になったらどうしょう、歩けなくなったらどうしょう…っていうことを、に、ものすごくおびえていた。…でも、確かに、歩けなくなったら車いすに乗ればいい、…記憶が悪くなったらメモをとるなり、…うん、コンピューターもありますし、どうにでも対処ができる。…それを、そうなるんじゃないかっておびえている、…何かそのころ、自分は、あのー、ロシアンルーレットを毎日やっているような気分だったんですね。その、いつ、パーキンソン症状が出るのか。いつ記憶障害がおこるのか。いつ…認知機能が低下しておかしくなってくるのかっていう、その、何か、その弾を、こう、毎日毎日自分で引きがねをひいているような。そういう、あ、きょうは出なかったみたいな。そういう気持ちだったんですけども。そのー、歩けなくなったら車いすに乗ればいいっていうのを聞いたときに、あのー、……何かすごく自分が間違っていたって思いましたね。……何か、……こう、人間の生活って、お天気のようなもので、あのー、必ず雨もあれば台風もあれば梅雨もあれば、いろんなときがあるのに、何かまるで、…雨が降ったらどうしょうって(笑)心配していたような、雨が降ったら傘をさせばいい、傘がなかったら傘を買ってくればいい、……それだけのことなのに、雨が降ったらどうしょう、雨が降ったらどうしょうって、毎日びくびくおびえていた自分は何てばかだったんだろうって、すごく思いました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧